スキミング対策法を知ろう

キャッシングを行う場合、ATMにカードを入れて行うというのが一般的です。勿論、金融業者のホームページなどから融資を申し込んで、銀行口座に振り込んでもらうという方法もありますが、利便性ではATMからお金を引き出す方が高いので、こちらの方法を利用している人が多いはずです。ただ、ATMを利用する場合、注意しなければならないことがあります。
それは、スキミングされていないか確認するということです。スキミングというのはどういうことかというと、カードに書き込まれている情報を第三者に抜き取られてしまうということです。どのようにして行われるのかというと、たとえば、ATMのカード挿入口に細工を施して、実際の挿入口とは別のところに挿入させ、そこで情報を抜き取るという方法があります。
この場合、当然、キャッシングを行うことは出来ず、カードはそのまま戻ってくることになりますが、単なるエラーだと思って情報が抜き取られたことに気がつかない場合が多いのです。もし、ATMのカード挿入口にカードを入れたにもかかわらず、画面にはなんの変化もなく、その後、カードが戻ってきたという場合は、ATMを管理している会社に連絡を入れた方がいいでしょう。
どのようにして連絡を入れればいいのかというと、ATMには電話が備えつけられているというのが一般的です。その電話を取れば、自動的にオペレーターにつながるので、そこで報告しましょう。また、銀行のATMを使った場合、銀行の窓口が開いている時間であれば、窓口の人に知らせれば、銀行の人が状況を確認してくれます。

関連記事